aware publishing
ホームへ お問合せ
買い物カゴの中を確認する

 電子出版のアウェアパブリッシング


はじめての方へ
エッセイ
素材集
写真集
学術・実務
えほん
思想・哲学
音楽
その他
インタビュー



戻る

とっさの英会話

とっさの英会話

著者:トミー植松


著者画像

プロフィール
現在国際ロータリ・クラブ・古河東総括国際カウンセラー。最近まで白鴎大学英語主任教授及び同じ大学短大英語科科長。1995年まで玉川大学文学部英語科教授。1975年まで20年間毎日新聞(英字新聞The Mainichi Daily News)の記者。

その間、インドネシア・スカルノ大統領にインタヴュー、またマリリン・モンローとの記者会見で通訳を務め、プロレス全盛時代にはシャープ兄弟に同行、力道山の通訳も務めた。

大学生時代、毎日新聞社主催、NHK後援のもと、関東及び関西地区各50名、九州地区40名、中国及び四国地区各30名、東北及び北海度地区各20名参加の地方予選を通過した決勝選手20名が参加した全国大學英語弁論大会にて第1位獲得、優勝杯・マッカーサー杯を受賞。

文部科学省認定の英語検定試験では1975年から20年余1級の面接官を努める。

ラジオ番組では1970年より数年間文化放送にて「英会話」を担当、1974年からは文化放送の「百万人の英語」で20年間講師を勤める傍ら、1975年からは1980年まで日本短波放送で週末2日、わが国初の本格的英語ワイド番組 ”Tokyo Forum Get Together” で、ディスキー・ジョッキーを務めた。

また、昨年3月までNHK海外放送”Hello from Tokyo” 及び “The World Interacted”で22カ国に向かって「日本文化」解説を担当した。

また、テレビ番組ではフジテレビで1984年より1年半、また、NHK教育テレビでは1995年までに英会話番組を3度担当した。テレビ初登場の頃、字幕スーパーを手がけたこともある。全国での英語スピーチコンテスト審査回数は950回に及ぶ。


(著書)

現在までに著作76冊。
代表的なものにはジャパン・タイムズ社出版の「英語で紹介するニッポン」、評論社の「こんな時英語でどう言うか」、「英語のジョーク」(評論社)、経済界の「とっさの英会話」、英語教育協会の「60日英会話特訓」などがある。その他主なものには「英語のスピーチ」及び「英語スピーチ実例集」(創元社)、「英語1分スピーチ」 (ジャパン・タイムズ社)、「英語スピーチ活用集」(研究社)、「ホームステイの英語」(研究社)、「社会人の英語」 (研究社)「英語の迷信」 (サイマル出版)、「就職の為の英語面接」 (玉川出版)、「似た英単語の使い分け」(玉川出版)、「New English: 文部省不認定(?)英語教科書」(株式会社アルク)、「電話英語のフレーズ」 (日本実業出版)、「英会話・基本フレーズ68」(PHPエディターズ・グループ)、「TOEIC「問題」のガイド・ブック」、「TOEICに出る英単語と問題」、「英語おもしろウオッチング」(ユニコム社)、「漢字面白クイズ」(経済界 リュウブックス{タツの本})、「英語面白ゼミナール」(実業乃ニッポン社)、「ブレーン・エックササイズ」(玉川出版)、「英語の決まり文句100」、「蔵出し英単語ものがたり」(創元社)などがある。なお、現在全国の高等学校で使用中の教科書「英語実務」(実教出版) はトミー植松編集主幹によるものである。

書籍の内容
文化放送「百万人の英語」で20年間講師を勤めたあのトミー植松のロングセラー
「とっさの英会話」
電子書籍版です。

電子書籍版でのあらたな項目として、携帯電話でのやりとり、自己紹介が加わりました!

英語初心者でも、
すぐに!
簡単に!
使いこなせることを目的とした内容です。

一言での意思伝達例、フリガナつき、見てすぐわかる矢印でのイントネーション説明つき!

例文は堅苦しいものではなく、ネイティブもよく使うシンプル表現が選ばれています。言葉だけでなく、文化の違い上での注意点なども丁寧に紹介。

(2008年9月21日発行 本文127ページ)

ISBN 978-4-903465-75-3



【本文一部紹介】

プロローグ

日本人はむずかしい英語を使いすぎる

日本語の会話でも英会話でもそうだが、いざという時は、一番肝心要の言葉が一言か二言あれば充分である。公の商談にしても、個人的な喜怒哀楽を表現するにしても、キーワードは短い。
 駅で電車のキップを買う時も、外国人向け日本語教本にあるような、「大人一枚、新宿駅まで切符をください」とは、日本人は絶対に言わない。「新宿」もしくは「新宿一枚」と一言しか言わないはずだ。これは言葉の抑揚さえ変化をつければ、単語一つの簡単な形式でも、決して乱暴な言い方ではないということだ。
名前をきく場合もそうである。
 Would you mind telling me your name?
 と言えば、確かにていねいな尋ね方ではあるが、出だしが < Do you? > だったか、< Will you? > だったかと迷っているうちに、言うべきチャンスを逃して手遅れになってしまう。それよりは、
 Your name?
 と少し伸ばし気味に、語尾を上がり口調で言えば、しっかり意味は通じる。最悪の場合でも、
 Name?
で通じる。




【内容一部立ち読み】

1,000円

戻る